Creative

Creative

クリエィティブ

生活者の「買いたくなる気持ち」にフォーカスしたクリエイティブ戦略を
自社の製品やサービスを他社と差別化し、明確なベネフィットを浮き上がらせることで、既存ユーザー には安心感と優越感を、新規の見込客層には、より強い関心を喚起させ、売りにつなげていく。 名だたるクリエイターやタレントに依存する安直な手法を敢えて避け、生活者の「買いたくなる気持ち」 にフォーカスしたクリエイティブ戦略を指向しています。

つまり、クリエイティブは芸術性や見映え、企業サイドが伝えたいことよりも 買う気が加速し、売りにつながることを絶えず希求する文脈を優先して考え、情報の受け手の琴線にふれることを目指します。

とりわけ、ダイレクトマーケティングの世界では、部数や多様なセグメントという特異性を生かし、 同じ媒体で同時期に複数のクリエイティブテストを行うなどして、販売への貢献度合いを検証することにも余念なく取り組んでいます。 また、ベビー&マタニティ市場をはじめとするライフステージマーケティングにおいては、長年の取り組みを通じて得た、産前産後のママ達の心に響くポイントにフォーカスしつつ、アド・ベストの 売りにつながるクリエイティビティをいかんなく発揮していきます。

クリエィティブ

ページ上部へ